制作者プロフィール

Killyのマーク

Killy

効果音制作を専門に行う個人事業主。アニメ効果音、楽器、動物の声などあらゆるジャンルの効果音を研究・制作し、効果音ラボを、個人・法人含めた日本の標準効果音ライブラリにするべく活動している。説得力ある音作りを追求しており、海外で実銃の音を収録したり、野鳥の知見を活かし、三宅島、北海道、高知県、奄美大島などに野鳥の声の遠征録音を行っている。デザインやプログラミングのスキルを活かした無料の効果音ポン出しWebアプリを作成するなど、効果音を楽しんでもらうためのサービスも展開。

個人事業屋号効果音ラボ
サイト運用開始日2013年5月21日
主要取引先(敬称略)Google合同会社
UUUM株式会社
エキサイト株式会社
株式会社ミライエ
事業概要効果音の制作
フリー効果音素材サイトの運用
その他、効果音を用いたサービスの提供
経営理念
  1. 高品質な効果音を誰でも使えるようにし、日本のクリエイターを支援する
  2. 効果音を使って楽しめるサービスを提供する
連絡先お問い合わせフォームよりご連絡ください

効果音ラボ公式アカウント

Twitter
オーディオストック
Youtube
ニコニコ動画

効果音の著作権

当サイトの効果音は、声素材を除き、すべて管理人個人によって作成・録音されています。詳しくは効果音の著作権ページをご確認ください。

効果音ラボについて

効果音ラボは、ゲームや動画の制作経験がある私自身が、「こんな効果音素材サイトなら使いたい」と思えるサイトを目指してきました。 高品質な素材を揃えることを第一とし、効果音の試聴の仕組み、デザイン、利用規約の面でも使いやすさを重視しているほか、ソースコード軽量化(ページの軽さ)にもこだわるなど、徹底した利用者目線での設計・運用を行っています。 2013年から運営を続け、現在では大企業からも使っていただけるサイトに成長し、テレビで素材が使われることも普通になってきました。 目指すゴールは、個人・法人含めた日本の業界標準効果音ライブラリとなることです。

思えば、私のこだわりが強い性格が、たまたま効果音というジャンルに向いていたように思います。 例えばパンチの音を作るだけで、試行錯誤の過程で作ったファイル数は100以上ありますが、サイトで公開しているのは、そのうち3個程度です。 自分が「これだ」と感じるまで作り込まないと気が済まず、銃の音は、海外で本物の音を収録したりしています。 こだわって作った効果音が反響をいただけていることは、とてもありがたいことだと日々感じています。

サイトが広く使われるようになった今、皆様に、ますます中途半端な素材を提供できなくなったと感じます。 日本のクリエイターを支えるサイトとして、これからもこだわりを持って素材制作に取り組んでまいります。

  • はてなブックマーク
  • いいね!
  • ツイート

ページトップに戻る