作成日記

2014/03/05

秘密のレシピ一部公開! ~アニメ効果音編

今回は爆発や怪獣の声などの、アニメや特撮の効果音についてお話しします。これまで効果音の録音テクニックは公開していましたが、アニメや特撮の音の制作テクニックを書くことはあまりありませんでした。一般的にこういった効果音は制作方法が門外不出なので少し貴重な情報……でもないか(汗)。

モンスターの鳴き声1

問題です。どうやって出している音でしょうか?答えはエレキバイオリンの弦をボロボロの弓でこすった音です。実は、音自体はすさまじく小さいです。何十回とこすっていると、たまたま「らしい音」になることがあるので、そのチャンスを逃さないのが大切です。

雷魔法3

ギャリギャリ激しいこの音は、MIDI音源で鉄琴の音にディストーションを最大限にかけた音です。

ヒツジの鳴き声

ヒツジの声です。←まんまじゃねーか!

いかがでしょうか?本当はサイト上全部の音の元ネタを公開したい気持ちもあるんですが、血眼になって見つけ出したことを考えると、そう簡単に公開できないんですよね。誰でも作れてしまうようになると、サイトの価値が一気に下がる気がするので。

効果音ラボは「効果音 作り方」のキーワードで来訪される方がいらっしゃいますが、そういう方は、今回のようなアニメ風効果音の作り方が知りたいのだと思っています。しかし、アニメ効果音を作るノウハウを身に着けたい場合、上記のような一時の知識ではなく、効率よく作り続けられる制作スタイルを探すほうが良いと思います。

私の制作スタイルは、録った音を、「偶然」に期待しストイックに加工しまくることから生まれています。ある意味、自分との戦いです。普通は、格闘ゲームのパンチの音を作るだとかそういった目的があるから作るものですが、当サイトは効果音ライブラリであり、質の高い音が作れれば種類は問わないため、この手法で制作できるのです。作り方としてはあまり参考にならないかもですが、試行錯誤に時間をかけられることによって、ユニークな効果音が生まれる可能性を秘めているのがこの手法です。これがもし会社だったら、いつまでに何の音を何個作るというノルマがあるはずなので、この手法は認められないんじゃないかと思います。

ただ、最初から「こういう音が作りたい!」と狙って作った効果音もあります。魔法の音がそれで、1個につき数日間PCと向かい合いました。その甲斐あって氷魔法2はかなり思い通りにできたと思います。でもあんなに編集づけになりたくないので、今後は勘弁ですかね……(といいつつまたやる可能性大)。

サイトで公開している効果音は、私の満足度が80%以上行くもののみで、実は作る際の試行錯誤で発生したスクラップ音源も大量にあります。こうしたスクラップは、後々他の音と合わせて効果音にする場合に役立つ場合があるので、削除せずストックしています。例えば、当サイトのアニメ効果音で最高クラスの人気を誇るのがシャキーンという音ですが、その制作過程で生まれたスクラップを公開したいと思います。微妙に音が異なり、いろいろ試行錯誤しているのが分かると思います。自分が満足いく音になるまでひたすら加工。何を「正」、何を「誤」とするかは、自分のセンスを信じて行います。

シャキーン(テイク1)

誰が聴いても一撃でシャキーンと認識できる音にしなければならない。「シャ」の部分は良くできたと思うので、「キーン」の部分を強調してみたらどうなるか試してみた。うーん後半が主張しすぎでなんか違うなあ。

シャキーン(テイク2)

音が軽すぎ。カァルいんだよねぇ~。ヘヴィさも少しは欲しいぜ!

シャキーン(テイク3)

編集しすぎて音が割れとります。割れた音は効果音として質が低いと考えている。気に入らん!

シャキーン(テイク4)

なんか「違う」ぞ。シャキーンとは聞こえない!……気がする。

個人的に、このようなアニメ・特撮系効果音は、何かの音をそのまま録音したものより断然価値があると考えています。録音できる音は、頑張れば手に入ります。でもアニメ効果音は、音の元ネタを見つけ出すまではマネできないからです。ところが最近は拘っていると感じられるアニメ・特撮系音がメッキリ減ったと感じています。技術自体は発達しているので、昔より凝ったものが作れるはずですが……。

これは、音楽シーンで2000年頃から始まった、メロディラインを抑える手法の延長線上にある気がします。つまり効果音はあくまで作品の裏方なので、主張しすぎないようにするんだという考えです。私は全く逆で、印象に残る音が大事だと考えています。私は子供のころ見たアニメの効果音をたくさん覚えていますが、今のアニメには、何年経っても覚えているほどの印象を残す効果音は減ったと感じます。個人的には昔のほうが好きなので、戻ってほしいと考えていますが、まあ時代の流れ的にムリでしょうねえ……(涙)。

でも自分の方向性はあながち間違っていないんじゃないかと思います。現に当サイトは「演出・アニメ」ページが最も高い閲覧数を叩き出していて、シャキーンはダウンロードランキングTOP3に入っています。この結果がユーザーの皆様の総意だと信じ、これからもブレずにアニメ・特撮系効果音の拡充に取り組んでいこうと思います。

アニメ・特撮系効果音のダウンロードは演出・アニメもしくは戦闘ページからどうぞ。

  • Google+1
  • はてなブックマーク
  • いいね!
  • ツイート

コメント0

コメントはまだありません。

このページの上に戻る