FAQ

効果音を利用した作品をコンテストに応募しても良いか?
問題ございません(賞金が発生するコンテストであっても)。
効果音を利用した作品を、テレビやラジオなどの公共放送で使っても良いか?
問題ございません。
効果音が有料となるケースは?
「2次配布となっているかどうか」と、「効果音を主体とした作品となっているかどうか」を判断基準とさせていただいています。商品の一部として素材をご利用いただくことは問題ございません。また、作品が有料かどうかは判断基準には入りません。

料金が発生するケース
例1)素材を使った効果音素材CDを発売
例2)環境音素材を使った環境音集アプリを作成
例3)素材を顧客に販売
例4)自社素材ライブラリの中に素材を組み込み、不特定多数のユーザーに無料配布

料金が発生しないケース
例1)アプリに操作音として素材を組み込む(音源ファイルむき出しでも可)
例2)楽曲の中に素材を組み込む
例3)TV番組の演出音として素材を使用
例4)素材を利用したYouTube動画を公開(広告収入を得ても可)
例5)RPGツクールのRTPに素材として組み込む(当該作品は商用として有料販売も可)

ご判断が難しい場合や、料金の見積もりはお問い合わせフォームよりご相談ください。なお、WAVファイルをご希望の場合は一個540円(税込)にて販売させていただいております(ただし、MP3と聞き比べても違いはほとんど分からないレベルです)。
効果音の一括ダウンロードはできないのか?
できるようにはしておりませんが、企業様向けの有料サービスとして、効果音のWAVファイルの一括提供を行っております。詳しくはお問い合わせください。
効果音を利用したゲームやアプリを、音源ファイルむき出しで配布・販売して良いか?
問題ございません。できる限りでよいので、音源ファイルを隠す措置を取っていただきますよう、お願いいたします(技術的に難しければしなくても構いません)。当サイトではこのケースを再配布とみなしませんが、効果音のみを焼くことは再配布に当たりますのでご遠慮ください(有償で再配布許可も可能)。歌に効果音を入れて音楽CDとして販売するケースは問題ございません。
ダウンロードした効果音が再生できない
当サイトの素材は1秒未満の短い音声が多くなっていますが、音声再生ソフトによっては、音声の長さが1秒以上ないと再生されないものがあります。このような場合、Sound Engine Freeなどのフリーソフトをお使いいただき、素材に無音を挿入し、1秒以上に伸長することで解決できることがあります。
YouTubeで素材を組み込んだ動画を投稿したら、著作権侵害だと警告された
ある会社が効果音ラボの素材Aを組み込んだ楽曲を発売し、その楽曲がYouTubeにContent ID登録された場合、素材Aを組み込んだ動画をYouTubeで投稿しようとすると著作権侵害と判断されるようです。 当サイトでは、素材を組み込んだ楽曲はContent ID登録することを禁止していますが、稀に登録されてしまっているケースがあります。 この場合、YouTubeで異議申し立てをされた上、よろしければ効果音ラボにもお問い合わせフォームよりお伝えいただけるとありがたいです。
素材を楽曲の中に組み込んで発売してもいいか?
可能ですが、当該楽曲をYouTubeにContent ID登録されるのはお控え下さい。Content ID登録された場合、組み込まれている効果音素材を他のYouTubeユーザーが使おうとすると著作権違反となり、フリー素材として使用できなくなる事例が報告されております。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの表示はなぜしないのか?
表示をすると、サイト管理者側で利用規約の変更が不可能になります。これはユーザーの皆様にとってメリットになりますが、デメリットもあります。例えば、YouTubeでは音楽のコンテンツID管理が進んでいますが、当サイトの効果音を使った曲でもコンテンツ登録できるようにしてしまうと、他のYouTubeユーザーの方全員がその効果音をYouTube上で使うことができなくなります。このため、2015年に、当サイトの効果音を使った曲のコンテンツID登録禁止の項目を規約に加えています。ユーザーの皆様に安心して素材をお使いいただけるよう、こうした規約の変更が今後も発生することが考えられますので、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの表示はしない方針としています。ご了承いただけると幸いです。
WAVファイルが欲しい
当サイトで配布しているMP3ファイルは、元のWAVファイルと聴き比べても違いがほとんど分からないレベルにしてあります。 それでもWAVファイルを利用されたいということであれば、一個540円(税込)でご提供しますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
海外での商用利用は可能か?
問題ございません。ご利用時に効果音ラボへのリンクを頂ける場合、英語圏向け作品であれば http://en.soundeffect-lab.info/ に、台湾向け作品であれば http://zh-tw.soundeffect-lab.info/ にリンクをお願いいたします(リンクは必須ではありません)。
同人作品での利用は可能か?
問題ございませんが、開発元からの起訴などのトラブルが起きた場合、管理者は一切の責任を負わないものとします。また、同人であってもアダルト要素を含む作品にはご利用いただけません。
©効果音ラボ でお願いいたします。
©Sound Effect Lab でお願いいたします。ご利用時に効果音ラボへのリンクを頂ける場合、 http://en.soundeffect-lab.info/ にリンクをお願いいたします(リンクは必須ではありません)。
申し訳ありませんが、現在相互リンクは受け付けておりません。
ファイルをMP3以外の形式に変換して使用して良いか?
問題ありません。ファイル形式も、WAVやOGGなどどのような形式に変換していただいても構いません。当サイトで公開している効果音はすべてMP3形式となっていますが、MP3はフリーソフトのXrecodeを使ってWAVなどに変換することが可能です。
効果音は本当に自分で作ったのか?著作権的に問題はないか?
「どこかで聞いた」と感じられる音もあるかもしれませんが、テレビ番組やゲームからの効果音の抜き出しは一切行っておりません。著作権に関して万一の場合の保証がほしい場合、音源販売サイトオーディオストックで有料販売を行っていますので、こちらで購入されることをお勧めします。オーディオストックは企業運営であり、販売する音源一個一個に審査が行われているので、著作権的に問題のある素材は登録できない仕組みになっています。

また、一部ではありますが効果音の録音エピソードなどをTwitterアカウントで配信しています。
素材の有料化は考えているのか?
素材を有料化することはまずありません。仮に有料化したとしても、有料化前にダウンロードされた分は永久に無料でお使いいただけます。
素材のライセンス期限はあるのか?
ございません。永久に無料でお使いいただけます。
アダルト作品には使えないとあるが、どこまでがNGか?
グロテスク、ホラー以外で年齢制限がかかる作品へのご利用はすべてNGとお考えください。
アダルト作品で利用する方法はあるか?
申し訳ありませんが、例外なくご利用できません。有償でも不可です。アダルト作品を全年齢化した作品にはご利用いただけます。
声素材が同性愛表現のある作品に使えない理由は?
声素材の声優の尊厳を守るためです。
効果音ラボを他のサイトで紹介したいが、注意点はあるか?
動画で紹介いただく場合、BGMなしで効果音のみを流す紹介はご遠慮ください。例えば、YouTUBE動画で効果音だけを流すことや、効果音ファイルへの直リンクもNGとなります。BGM付きで効果音を流したり、テキストや画像で紹介いただくことは問題ありません。また、動画でない場合でも、音源を再生できるサイトを作成することは(ダウンロードは不可能にしたとしても)NGです。
サイトの運営体制を知りたい
個人事業主1名で運営しています。アニメ系の音などは制作者のセンスの差がかなり出る(素人が作るとすべてファミコンのような音になりがち)ので、基本的に制作者を増やさず、個人で制作することで品質を統一しています。
効果音ラボは、声素材を収録いただいたすべての声優と書面による著作権譲渡契約を締結しており、著作者人格権以外の全著作権は効果音ラボのウェブマスターに譲渡されています。このため、声素材の利用規約は、声優ではなく、効果音ラボが定めたものに準じます。
声素材の声優が事務所に所属することになった場合、声素材はどうなるのか?
声素材はフリー素材ですが、声優が事務所所属となった場合、事務所との著作権の問題が生じてくるため、当該声優の素材の取り下げを行うことが考え られます。その場合、それまでにダウンロードされた素材については、引き続きユーザーの皆様にお使いいただけるよう事務所と交渉を行う予定です。
著作権譲渡は確実に行われていますが、契約書の内容については、契約書内の規約で開示を禁じているため、お答えできません。このため、申し訳ありませんが、特に証拠を提示することはできません。本当に著作権が譲渡されたか、声優に確認を取っていただくことは問題ございません。
声素材追加のリクエストは受け付けているのか?
申し訳ありませんが受け付けておりません。声優に仕事として直接ご依頼ください。声優のホームページは声素材提供声優一覧にまとめています。
声素材利用時、声優名をクレジット表記したいが、所定の書式はあるか?
「声素材提供:(声優名)」「声素材提供:効果音ラボ」などでお願いいたします。あくまで素材提供扱いにしていただき、「出演」など、声優が直接作品に関わったと取れる表記はご遠慮ください。

このページの上に戻る